乳がん検診のウソとホント?

年末、乳がん検診を受けてきました。
2年に1度の市民健診です。

ちなみに一昨年は実費で受けました。

市民健診ではマンモグラフィーと触診、視診です。
去年の実費では一緒にエコーも受けました。

今現在、市民健診で推奨されているのはマンモグラフィ単独法
視触診単独や超音波(単独法・マンモグラフィ併用法)は死亡率減少効果を判断する証拠が不十分なため、市民健診として実施するのはマンモグラフィ単独法なのだそうです。

マンモグラフィ、エコー、どっち?

乳がん検診法として、マンモグラフィとエコー(乳房超音波)があります。
どちらも、検出するのを得意とする病状に違いがあります。

マンモグラフィ

マンモグラフィとは、乳房専用のX線撮影の事を言います。
マンモグラフィは触診では診断できない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した微細な乳がんの発見に威力を発揮する検査法で、乳がんの早期発見に欠かすことのできない検査法です。

しかし、マンモグラフィは、乳腺が密な若い人の場合はX線写真がかすんでしまい、しこりを見つけることが難しいことがあります。

また、X線撮影のため、妊娠している人には適しません。

エコー(乳房超音波)

エコー検査(乳房超音波)は乳房に超音波をあて、組織からの反射をとらえて画像にし、わずかな濃度の違いで病巣を診断するものです。
マンモグラフィに比べて小さいしこりや石灰化の診断が困難ですが、しこりの内部構造に識別がしやすく、乳腺の密な若い人の診断に使うことができます。

今まで(と言うか今でも)40代以下はエコー検査。40代以上はマンモグラフィ検査と言われてきました。
しかし、乳がん特集のテレビ番組をみてたら、

日本人は40代でも乳腺が密な『高濃度乳腺』の女性が多い

と言うのを目にしました。実際乳がんになった人が

「毎年マンモグラフィの検査を受けていたのに、乳がんが分かった時にはステージ3だった」

と言っていました。
その人は40才以上だったのですが、乳腺が密な『高濃度乳腺』タイプだったそうです。
ってなると、マンモグラフィでは見えにくかった?
その人は

「自分が乳腺が密なタイプなんて知らなかったし、もし高濃度乳腺なのだったら、検診の時に教えて欲しかった」

と言ってました。
その人は高濃度乳腺でがんを見逃されたのか、それともタイミングで検診した後に乳がんになってしまったのかはわからない。
がん検診が万全ではないのはわかっているけど、もし自分が高濃度乳腺とわかっていたら、エコー検診も受けていたのに。とか、いろんな思いがよぎってしまうでしょう。

マンモグラフィとエコーの被ばく量

マンモグラフィでよく言われるのが被ばく量
X線なので、放射線の被ばくはありますが、その量は自然界から受ける量の1/50~1/20しかありません。
よって、毎年繰り返し受けても問題ないと言われています。

一方、エコー(乳房超音波)は被ばくはありません。

マンモグラフィとエコー併用検査はよくない?

去年は実費検診だったので、マンモグラフィとエコー併用法を受けました。
今年は市民健診だったので、マンモグラフィと触診のみ。
実費でエコーもプラスしようかなぁ・・・。
なんて迷いながら受付へ。
市民健診最終日前だったので、けっこう混んでました。
受付のおばさんたちは忙しそう。

受付の用紙を書いてたら、隣で受付してた50代くらいの女性が

「エコー検査もお願いします。」と言っていました。すると

「市民健診ではマンモグラフィだけです。」と受付のおばさん。

「もちろんお金なら払います。」と女性。すると受付のおばさんは

「併用検診はしてません。」と言い出した。

えっ!、去年この病院で併用検査したし。と心の中で呟いた私。

「去年両方してもらいましたけど!」と50代の女性。

おばさんは「今年から無くなりました。エコー受けるなら、違う日にまた来てください。」。

50代の女性は「仕事しているので、なかなか来れないんです。だから今日お願いしたいんです」

そこまで言われて受付のおばさんは

「2つ一緒にしない方がいいよ。2つ同じ日にしたら被ばく量的にも身体によくないし。」

って言い出した。もう一人いた受付のおばさんも

「そーや!」って。

いやいや、嘘でしょ!
エコーは放射線使わないでしょうよ!
何を言ってるんだ、この人達は・・・。

50代の女性は

「あっ、そっか!そう言われればそうやなぁ。」って。

えっ!納得してる!!!
100歩譲って両方同じ日の検査が身体に負担がかかるにしても、被ばく量は関係ないでしょー!!!

帰ってから色々検索しても、エコーに被ばくする可能性があるという事実はどこにもでてなかったし。
逆にマンモグラフィとエコー、併用検査を推奨している病院はありましたけど。

どっちがいいのか悪いのかはよくはわからないけど、たぶん受付のおばさん、忙しかったからイレギュラーなことをしたくなかったんだよ。
そうとしか考えられない。

もし、市民健診では両方一緒に受けることができないとか、手続きが面倒とかであれば、

「手続き上できない。」

とだけ言えばいいのに。
変に被ばく量がどーとか言っちゃうと、勘違いしたままになってしまうし、
もしその人が高濃度乳腺で、マンモグラフィでは見つけにくい乳房で見逃してしまったら・・・。
まぁそんなことはないだろうけど、なんかモヤモヤが残ってしまいました。
ただの受付かもしれないけど、病院の人に言われたら妙に信じてしまうものなのです。

もちろんそんな会話がよこで繰り広げられてるのに私は何も言えず、
私もエコー検診はせず、マンモグラフィだけしてもらいました。

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です